バイクの維持費は年間どのくらい?

バイクを購入して日々自分の足として利用している、これからしようとしている人は多いと思いますが、バイクを維持するには年間いくらくらいかかるのでしょうか。

自動車は維持費がかかると言われていますが、バイクもそうなのでしょうか。

●排気量によって違いがある

バイクにかかる費用は、自動車税、自動車重量税、自賠責保険、任意保険、車検代、ガソリン代、駐車場代、メンテナンス代、消耗品代です。

その中で、125cc以下のものは自動車重量税と車検代が、126ccから250cc以下だと車検代が要りません。

●自動車税、車検代は車より格安

自動車税や車検代は結構な出費だなと思っている人は多いのではないでしょうか。

自動車の場合、自動車税は普通車で一番安いものでも約30000円、軽自動車なら約10000円ですが、バイクの場合は126cc~250ccなら3600円、250ccを超えると6000円なので安いですね。

車検代については、250cc以下のバイクは車検が不要なので、費用はかかりません。

大型バイクのみ車検が必要ですが、自動車よりもかなり安いです。

●大型になるほど維持費は高額

バイクの維持費は、排気量が大きくなるほど高くなると考えておきましょう。

だいたいの目安ですが、125ccで年間12万円くらい、250ccなら15万円くらい、400ccだと18万円くらい、750ccとなると20万円くらいとなります。

バイク初心者がいきなり750ccに乗ることはまずないでしょうから、最初は125ccから始めてみると良いでしょう。

自動車よりも維持費は安いので、気軽に乗ることができます。